[スレッド全体]

[13159] よく聴いてみると返信 削除
2019/10/12 (土) 16:18:40 わんこ
__ / __

しばらく色々な曲を聴いて没頭してしまいました。
それくらい 魅力的な曲が現れてくるのです。

ボーカルの伊藤君子

で検索したところ 前に聴いてどのアルバムか分からないのが
見つかって 早速お気に入りに追加 ダウンロードしました。
それをYouTubeで検索し 音を比較してみたり
楽しみが広がります。

YouTubeは音のレベルに差があって困りますが
AmazonミュージックHDは統一されていて聴き易いです。
ただ 低域の音は若干薄め?


またジックリと音を聴くとTV経由でのYouTubeより
完全に上まわっているともいえず
目の疲れるノートパソコンにくらべ TVを見ているだけ
で済むのでラクです。

老眼で困っている青年には小さなノートパソコンは苦痛の
種です。

それと共に 聴いていて 何だか

 音が落ち着かない ノイジーな感じ 粗い?

そんな気がして 落ちついて曲に心酔して聴くには
目の前のパソコンが邪魔ですし 音的にも
何となく今ひとつな気がしてきました。


それで



のCDと聴き比べしてみました。

なるほど かなり音が良いなぁ と思っていたAmazonミュージックHD
ですが 音の良さで気になる面があることも分かってきました。
(この音源は単なるHD)

ストリーミングだから不利なのでは?と思い
ダウンロードしてそれを聴いてみました。

CDはCD15なので同じDACでもないですし比較の条件としては
いい加減であります。

ただ それでも分かる違い

 音が僅かに薄い 底力が弱め 音に毛羽立ちがあって粗い?
 しなやかさ 静かさでCDの方が聴きたい音

こんな風に感じました。

コレは自分のシステムをCD主体で造ってきたところに
原因があることと感じています。


細かい事を誇張した感じで書くとこの様になりますが
音の違いは直ぐには峻別できませんし
どちらのソースでも音の良さは分かります。
そして何より基本的にスピーカーやアンプ そしてDACの音の方が
音 音楽に浸れる要因として強いことが分かりました。


普段 AmazonミュージックHDを沢山聴けることが
如何にリッチな音楽環境になるのか!?

PCオーディオで挫折した私でも 新たな音源の世界が
広がりそうです。

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.49
[ut:0.000][st:0.010]