[スレッド全体]

[2132] エジンバラで アンプ比較返信 削除
2004/3/27 (土) 00:38:47 わんこ
__ / __

帰宅は遅かったですが、オーディオしました。

アンプを聴き比べてみました。

300Bは音の素直さはいいですが ちょっと押し出しが
弱い感じ。ガツンと来ない。低域の制動が甘い。
高域もガツンと来ない。自作SPで見せた 清明で
爽やかにしみ渡る感じが少ない。

ミニワン

ウッドベースのピチカートが強くなり 輪郭も明瞭。
バランスとしてはこっちの方が合う。
でもいかんせんパワーが足りない、元々透明感で
勝るタイプではないので エジンバラは演奏より
ミュージックになってしまう。
ppアンプに相性がよさそうだと想像される。

6CA7(NL東ドイツ)pp UL

水を得た魚の様に唄いだす。
NL東ドイツは我が家では エッジの効いた ソリッドな
傾向の音だけど それがエジンバラとは補い合う感じ。
ウッドベースがしまり ピアノもカツンと来る。
エジンバラは20Wくらいのパワーが必要なのか
音色的に我が家では このアンプの相性がいい。
いずれにせよ 多くのSPは100dBも能率が
ないので ppアンプのパワーが必要なのかもしれません。

シングルアンプの穏やかな良さを味わうには それを活かす
SPが必要なんでしょう。その魅力は捨てがたい。

わずか1日で判断は出来ないけれど 私なりによい経験
をさせてもらっています。

今まで 長岡さんのSPで得られなかった、レンジを
ある程度求めてきたけれど 分かってきました。
部屋に応じた スケール感 鳴りっぷりも あるみたい
です。
ここ1年くらい追っている 低域の質感とレンジ。
大きなウーファーでしか鳴らない音はありますけど、
実質8畳くらいの近接した試聴位置では 諦めた
方がいいのかもしれません。
小さいSPのスケールも、我が家に合いそう。

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.49
[ut:0.020][st:0.000]