[▲前のスレッド]

[1819] ジャズ喫茶 Jazz & Now返信 削除
2003/10/4 (土) 02:58:46 わんこ
__ / __

キースジャレットのINSIDE OUT の3 4曲目を
聴いていたら 思わず乗ってきてしまいました。
フリーまでは行かないけど いい乗りだ。
相変わらず左手と右手の別演奏には驚いてしまいます。
オーディオ的にも高域は綺麗だし、ワイドレンジで
聴くと快感。

それで 調子にのって 昔 聴いていたレコードを
探していたら 出てきました レアモノ
今まで5回も聴いていない。だって 凄く重いだもん。

仙台にジャズ喫茶がありました。今もある?
 Jazz & Now

ビルの中にあって 中に入ると 重々しい雰囲気。
超ハイ上がり(と言うよりふくよかな低音が少ない)
のオリンパスがガンガン鳴っていた。普通の人なら
逃げ出したくなる雰囲気。ずど〜〜〜ん

そこが製作したレコードです。Jazz&Now RECORDS
何枚造ったのか・・

演奏者は EVAN PARKER ソプラノサックスソロ
超絶的サーキュラ・ブリージング奏法
つまり息継ぎをせず 吸って吐いての両方で音を出すので
ずっと音が出続けている。ソロでマイクの回りを動いたり
するので位置が分かる。
いや そんなことはどうでもいい。ひたすら
インプロビゼーションしています。ぐわー 今聴いても同じ
だ。アルバム名は 残像

解説の一部を紹介します。


エヴァンの演奏家としての足跡を通して理解されることは
真に自身の音楽表現を離脱させ、商業的成功のみに猛進する
音楽産業体制による支配化を否定し演奏家の自立した活動
を活発化することでさる。過去ソロ・サックス奏法を試み
ためした演奏家は多数存在したが、その内実多様化という
次元において単発終始するというものが極めて多くほとんど
であり、自身の楽器との相関を意識かし真剣に自身の現在性
・表現・行為を捉えて行く姿勢はを演奏==実践において
見せた演奏家は少数であったと思う。

紹介文を見ても分かるとおり 当時の雰囲気が伝わってくる
レコードであります。
演奏は難しいですが じっくり聴くと凄い。
ニョリョニョリョ吹き続けている様だが 時にエレキ楽器
のハウリングみたいなのまで表現している。
懐かしさが蘇りました。

誰にもそんな レコード CDがあるもんですよね。

それで どよ〜んのままでは何なので
山下洋輔と富樫雅彦のデュオ 兆 をかける。
あれ〜 こんなに中低音少な目でピアノも音が細かった
っけ・・演奏は凄い でも音が・・学生時代の方が
バランスが良かったような気がする。あの時は大音量
だったので音量が小さいからかもしれません
http://r1.jp.rmi.yahoo.co.jp/rmi/http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp/rmivars%3ftarget=_top?sku=728918

私のはスタジオ盤だけど ライブの方がいいかも
太鼓のバーーんと低い音は快感
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00004W9U7/qid=1065203589/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/250-9505720-6261831
ちょっとフリーっぽいので誰にもお勧めのCDでは
ないです。キースジャレットはいいですけど。

話は戻って あのJazz&Nowの雰囲気
あれは特別だった!あそこで聴いている奴も
学生の私には 鮮烈で大人の雰囲気を
感じられる場所でした。




[1820] Re:ジャズ喫茶 Jazz & Now:学生時代のすり込み返信 削除
2003/10/4 (土) 09:49:03 meitei
__ / __

▼ わんこさん

明るい過去が分かって、大変興味深かったです(笑)。
学生時代の「すり込み」は尊いと言うか、愛しいですね。

どよーん系ジャズ喫茶、4スピーカー・マトリックス。
明るくて健康的な雰囲気が横溢した学生時代だったよう
ですね。どうも、長岡教徒でもあったようで、華麗な
病歴が推察されます。根が深いような。

私の年配では、案外、重症のジャズ患者がいません。
ビートルズ旋風が猛威をふるった時代に育ったので、
基本的に、明るい青年が多いです(笑)。

大学進学で、東京→金沢に転居。カルチャー・ショック
を受けました。北陸は、超、暗いです。カコイー人は皆
「ブルース」です。シカゴブルースとかデルタブルース。
凄く暗いです。全然、分かりませんでしたが、つきあい
も大事なんで、我慢して聴いてました。不思議なもので
聴いているうちに馴染んでしまいました。それどころか
ギターのお稽古まで始めてしまいました(恥)。

東京に戻って、だいぶ更正しましたが、時々刷り込みが
顔を出します。先日も、ダイアン・シュアーのDUET盤で
BBキングの三味線みたいなアドリブを聴いて、思わず
泣きそうになりました。すり込みは怖いです。

追伸:A7なジャズ喫茶でチック・コリアをリクエスト、
   度胸が要りそうですね。

   切符の手配、恐縮です。お言葉に甘えさせて
   いただきます。




[1821] Re2:ジャズ喫茶 Jazz & Now:学生時代のすり込み返信 削除
2003/10/4 (土) 13:56:23 わんこ
__ / __

▼ meiteiさん こんにちは

当時は暗いとは思いませんでしたが 今思うと
暗いですね(笑)
小難しい顔して聴いているつもりもなかったんですけど
あの頃は音楽の求心力を感じていました。
meiteiさんと同じで 地方都市は文化的なものに
ハングリーで熱心だったりしますよね。誰が近くに来るから
行こう! とか


> どよーん系ジャズ喫茶、4スピーカー・マトリックス。
> 明るくて健康的な雰囲気が横溢した学生時代だったよう
> ですね。どうも、長岡教徒でもあったようで、華麗な
> 病歴が推察されます。根が深いような。


返す言葉がありませぬ(笑)
>
> 私の年配では、案外、重症のジャズ患者がいません。
> ビートルズ旋風が猛威をふるった時代に育ったので、
> 基本的に、明るい青年が多いです(笑)。


そうなんですか・・

> 大学進学で、東京→金沢に転居。カルチャー・ショック
> を受けました。北陸は、超、暗いです。カコイー人は皆
> 「ブルース」です。シカゴブルースとかデルタブルース。
> 凄く暗いです。全然、分かりませんでしたが、つきあい
> も大事なんで、我慢して聴いてました。不思議なもので
> 聴いているうちに馴染んでしまいました。それどころか
> ギターのお稽古まで始めてしまいました(恥)。


ガハハ
そこにmeiteiさんの刷り込みがあるんですね!
ギターもされるとは 当然聴く音楽もギターがあるのが
よろしいと。回りをみると今でも続いている方がいます。
>
> 東京に戻って、だいぶ更正しましたが、時々刷り込みが
> 顔を出します。先日も、ダイアン・シュアーのDUET盤で
> BBキングの三味線みたいなアドリブを聴いて、思わず
> 泣きそうになりました。すり込みは怖いです。


ダイアン・シュアーって私も呼んでいましたが
ダイアン・シューアってアマゾンでは分類されていました。
新しいところで ゴスペルを歌っているのをもって
います。洗練されています。
BBキングとのアドリブはさぞかし濃いデュエットなんで
しょうね。

> 追伸:A7なジャズ喫茶でチック・コリアをリクエスト、
>    度胸が要りそうですね。


はい、他のお客様の目が痛かったです。
当時はもっとバリバリのが当たり前で 今のサロンジャズ
みたいなのは ちょっと恥ずかしいと言うか 何でした。

>    切符の手配、恐縮です。お言葉に甘えさせて
>    いただきます。



土日はお電話もお休みなんです・・そんなもん?
週明けに予約しておきます。
オーダーできれば2階席の前の方を予約したいと
思っています。

いい演奏 よい音を聞くと体が浄化されるのが
分かります。楽しみですね!
>

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.49
[ut:0.020][st:0.010]